生前贈与とは

生前贈与とは

来月からの相続税増税に備え、
生前贈与で財産を圧縮する人が増えているそうです。

贈与税の申告納税額は2013年に、
前年比31%増加したそうです。
2014年のデータは、まだ出ていませんが
さらに伸びそうな勢いです。

基礎控除の金額は現行で、
「5000万円+1000万円×法定相続人数」ですが
来月より、
「3000万円+600万円×法定相続人数」
へと4割削減されてしまいます。

生前贈与のコスト

生前贈与とは、生存する個人から財産を無償で他の人に与えることです。
財産の移転にはコストがかかりますので、このことも確認しておきましょう。

ご注意ください
相続時精算課税制度を利用した場合

登録免許税・不動産取得税は免除されません。

不動産を贈与する時の税金は
贈与税、
登録免許税、
不動産取得税
それぞれ掛かります。

相続時精算課税で免除されるのは、
3つ税のうち贈与税だけです。

生前贈与の税金

贈与税免除
1000分の20の登録免許税+100分の40の不動産取得税

相続時の税金

1000分の4の登録免許税のみ 

☆相続の場合には登録免許税は税率が低いです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。